縁とは写し鏡です

いつもごらんいただきましてありがとうございます。

人との縁は写し鏡です。この一言に尽きます。

ご自身とおなじものをもっているからこそ縁ができます。おなじものを持たない人はそれこそまったく惹かれません。同じ土地に住む方も同じ土地に住む因縁があり、近くに住んでいるだけでもそれは一つの縁です。

また、恋愛となるとその縁は強くなります。お互い惹かれ、同じものをもっているので急激に仲が深まります。相手をみて、いいところは取り入れ、悪いところは自分にもおなじなにか悪意などを持っているんだなと学ぶことにより、その関係は解消したり深まったりします。

片思いはどうかというと、相手と同じものはもっていますが魂の品が違います。同じ重さの魂でないと深く縁はできません。縁結びをしても、同じくらいの品でなければ対等でないので恋愛できません。一瞬つながったとしてもすぐどちらかがムリになって離れてしまいます。それは相手が高いかこちらが高いかわかりませんが、つりあっていないからお付き合いできないのです。ダメな人ばかり付き合って尽くしてしまうという方は、それだけ魂が重く、学ばないといけないことがあるからです。決してそれは尽くすことや、苦労することではありません。「彼には私しかいない、私が彼を助けないと」ではなく「彼とつりあうくらい重い魂の自分を救わないと」いけないのです。それだけ苦労している自分の因果を切らないといけないということですね。

縁でつながった相手はたくさんいますが、結婚となるとお話しはまた違います。結婚は契約であり誓約です。夫婦というのは魂をの結びつきがとても強いもの。一方の不調は一方に伝わります。夫婦は同じ悪意悪魔を共有します。

縁が深いひとほど自分自身の写し鏡だとおもって、相手からたくさん学び、その分愛情や恩を返してお互いよくなっていく。

学ばせていただいた分、ありがとうとおもって愛情を返すこと、恩還すことです。

決して相手に求めることでも、相手に尽くすことでも、相手から愛情をもらえないことでつらい目にあうことでもありません。

物事の主体はあなた本人です。

 

コメントする