あけましておめでとうございます。

昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

今年は月に二回はきちんとブログを更新したいなと思っております。返信に長文をかくと、どうもタイピングで指が痛くて、ずるずると書かないままでおりますので、短いトピックでもいいので、なるべく投稿して生存報告がてら、積み重ねていきたいと思います。

 

さて、コロナの影響で、初詣にいきたいけどいけない、どうしたらいいか、という問い合わせを複数いただきましたので、かいておきます。

正月三が日は神気が高まる、という話しを昔しました。

じゃあこの神気ってなにか、というと元は人のたましいです。

三が日、人が初詣に行くこと、また、神仏に対して信仰をささげることで、神社に蓄えられる人のたましいが最大になります。

そうなると、たっぷりそこに魂があるわけですから、

なにかはらいたい、魂の回復したい、というときに潤沢な資本から持って帰れるわけです。

人がいっぱいいるから、神仏もいうことなかなかきいてくれないだろう、と考える方もいますが、そうではない。

人がたくさんいるということは、それだけ、信仰心がふるわされ、共鳴を通し増幅され、神社にたくさんささげているのです。

なので、今年はコロナの影響でそれほど参拝客も多くないでしょう。大きな神社などだととくに密をさけるでしょうからね。

ですから、例年ほどのたましい=神気はないですから、

無理していかれなくてもよいと思います。

どうぞゆっくりおすごしください。

 

 

コメントする