【公式サイト】指すの神子の社

施術・占いの申し込みは、公式サイト「指すの神子の社
」で受付しております。他サイトよりお得な価格で提供しております。

指すの神子の社

活躍心と成功心

「心」とつくもの、これは人の中に「思い」「思考」をつくります。

ああなりたい、こうなりたい、どうしてあんなこと言ってしまったんだろう、あのときこうしていれば、どうして自分がこんなことをしなければ…。なんであの人ああいう言い方するかな!

そういった思いを作ります。「心」ですから。

「しん」は「芯」であり「心」であり「神」です。

自分の中に、自分意外の「心」がある。それが「~~心」といわれるものです。

その中で今日は二つほど。活躍心と成功心です。


人がなにかを為して、成功する、というところにはいくつかの思いがぼこぼこ心にうかんできます。
その思いがつよければつよいほど、人はその思いにふりまわされ、辛くなります。

上にもかきましたが、「心」があれば、頭の中にいろいろな想いがはしります。
カルマがない、罪がない状態、というのは
あまりなにも思わなくなるものです。
なにかあったとしても、なにもおもわない
なんでこんなことに、なんでこんなことをしてしまったんだろう、
あのときこうすればよかった、いわなければよかった
そういう思いが走らなくなります。
活躍心も、成功心も「心」です。

その心があるから、といって、なにか成功したり、活躍するわけではありません。
よく、成功心をもとう、といいますが、思いにふりまわされればそれだけ、
よけいな思考が走ります。

なにか一つ物事を為すだけで「ああ、めんどくさい」「なにかやっていないとさぼってるようにおもわれるかな」「うまくやらないとたいへんだ」「おこられたくない」
「どうして自分がやらないといけないのだ」「もうしわけないからやらなきゃ」
と思考がはしれば、そのせいでさらにつらくなります。
その思いを原動力にしてよーしやらなきゃな、やるぞ!となるうちはいいですが、
大抵思いというのは余計に人を追い詰めるだけです。

楽にことをなす、というのは、なにがあったもそこに失望も、辛さも、思いもなくなる、ということです。
おもいに振り回されない、ということです。


さて、
「活躍心」とは、うごかなくては、活躍しなくては、という思いをつくります。そうでなければ申し訳ないと思うからです。
「成功心」ですが、成功とは人に干渉されることです。たとえなにか活躍したとしても、他者にすごいね、といわれたり、鑑賞されたり、みとめてもらわなければ、成功とはいえません
なにか自分がアクションをして(活躍)、人によくおもわれたい(成功)というのが活躍心と成功心です。

これが強く、たくさんあれば、それだけ人に求めます。
うまくできなければつらくなります。
それがなければ、別に淡々となすことなせるに、いちいち思いを走らせるのです。

こうなりたい、ああなりたいという思いが先走っていませんか。その思いによって自分を苦しめていませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました