人と相性がつながるのは

真理は相性と共鳴だ、というお話を都度しています。かぶるかもしれませんが、何度でもお伝えしています。

人の魂は殻に包まれているようなものです。
その殻の中にたくさんのものが詰まっています。
なにが入っているか、というと悪魔と妖怪です。
そして道理と妄執が人の魂、意識、精神にたくさん詰まっていたり、人をそれこそ
縛っています。
自分自身という玉子の中にたくさんよけいなものがあり、それぞれ独自の周波数をもっている。
そして玉子自体に身動きできないように縛っているものがたくさんある、とイメージしてくれればいいでしょう。

核のない人は、この玉子のなかに、自分という芯、核がありません。だからこそ、たやすく流され、自分じゃない意見にほんろうされ、あれやこれややりたくなり、人と同じことで怒り、同じようなものを好み、あるときふっと、あれ?自分のやりたいことってなんだっけ?と自分を育てていないことに気が付くでしょう。今からでも遅くありません、自分の中に「核」を通すのもおすすめです。


さて、玉子の中に同じものを持っている人は共鳴しあいます。
自分の中のなにかがアクティブになれば、他人の中の同じものが振るわされます。
最近ですとたとえばあおり運転のニュースがありましたね。
あれを見て、
「おそろしい」(恐怖)
「あんな奴はない」(正悪)
「あんなやつはいなくなってしまえばいいんだ」(懲戒の快楽)

そういうものに人がふれたとき、同じ恐怖や正悪、快楽を持つ人は、
あのニュースをみて様々な想いが走ったり、こうしなければ、とかりたてられたり
相手に対して憎しみを抱きます。
魂の中のものが振るわされるわけです。
これが共鳴です。

その共鳴によって、相手の殻と自分の殻が通されて、相手の中のものが自分の中に通される、
この通させるものが相性です。

これは霊も人間も一緒です。
自分と相手の中に同じものがある、だから相手の中のものが入ってきて、しんどくなるのです。

相性がつながるには、同じものをもって共鳴しあうこと。

そして、何かをかわいそうだ、と意識を向けること。

相手に求めること。

相手に申し訳ないと思ったり、信仰によって自分と相手に上下をつくり、不釣り合いが生まれること。

そしてもう一つ。「紹介」というのがあります。

紹介というのは人を紹介することだけではありません。商品や、なにかよいものを紹介するだけではありません。

自分の知っている情報や知識、ノウハウをもってして、相手の無知を埋めることもまた紹介に当たります。

ねえねえ、これ知ってる?あれみた?この間うちでこういうことがあってさ。うちの会社で不倫があってさ…。と、自分の中でものすごくつたえたくてたまらない衝動はありませんか。それが「紹介」です。

紹介のなにがよろしくないかといいますと相性を相手とつなげるのもさることながら、紹介したものの報いが自分に来ることです。

例えば、

たとえば、Aさんに「この漫画すごくおもしろくって、よかったよ」と紹介するとします。
そうすると、Aさんは、気になってその漫画を読みます。
このときAさんが詰まらなかった、お金の無駄だったとう感想を抱いたとして、その思いはどこにくるか。
それはその漫画の作者ではなく、紹介したあなたです。
あの人が紹介してくれたんだけど全然おいしくなかった。おもしろくなかった。
と、その報い、思いは紹介をした人が代わりに受けるのです。

むろん、よい評価のときには「あんたが紹介してくれたお店おいしかった」とよい報いはきますが、むくいはよいだけではありません。
紹介するということは、報いを他人の代わりに受けることになるのです。

紹介することも、紹介して成功することもまた、快楽です。あれがよかったよ、と言われることに快楽をおぼえ、また紹介しようとします。

よく相手がとってくれるうちはよいですが、それが負に転じたときに報いもまた、負に転じます。最近ではユーチューバーもそうでしょう。負に転じたときには一気につながった相手からの負でいっぱいになります。

なぜ紹介したい、と衝動がはしるか、紹介したらどうなるか、少し心にとめておかれるのもよいでしょう。

 

コメントする