失望と快楽と

ふたつ前ほどの生地で、わくわく心があれば失望が生まれる、というお話しをしました。 成功心、対抗心、信仰心、なんでもそうですが「心」というのは「しん」であり「神」であり「心」です。 これらが自分の中にあれば、心の中で思考と … 続きを読む →

殻と魂と

先日の夢で、白い観覧車に乗っていました。 ひとつ前の観覧車には母が一人乗っており、一つ後の観覧車には娘が一人乗っていました。 観覧車に乗った、というのは覚えているのに、ひとたびその中に入ると、観覧車の中にいることもふわっ … 続きを読む →

無視のお話し

最近テーマとして出てくる大きな学びのひとつ。 それは「無視」です。多かれ少なかれみなこれやっています。 子供の欲求に対して、うるさいな、と無視を通す。 誰かが争っているのをみて、きになってしまうけれども巻き込まれたくない … 続きを読む →

托鉢のこと

GWがはじまりましたね。旅行に行かれる方はどうぞお気をつけていってらしてください。 わたくしはと申しますと本日は高野山に行ってまいりました。4月末とは思えないほどの寒さで(7度)、念のため用意していったダウンコートが大活 … 続きを読む →

教えの段階

六道輪廻という言葉があります。人間に生まれたからといって、人間道にいるとはかぎりません。 人間という形を持っていながらも、魂は地獄道、餓鬼道にある方もいらっしゃいます。そこから進み、人になっていくのです。 地獄、餓鬼、畜 … 続きを読む →

ビワのたとえ

先日夢をみました。 一本の大きなビワの木がありました。たわわに実っており、その中で一部、ちょっとかわったきれいな色をしたビワがありました。それをみて「なんて素敵なビワだろう、ためしてみたいなあ」と思い、その琵琶の所有者に … 続きを読む →

節分

節分のお話し

「節分」は 「人がカルマや人の罪を祓うのに、人に役をつけてそれを追い出すという一連の流れを人に伝えるための行事である。追い出すのは鬼というより人の業や役であるな。人に役をつけるのは妖怪であるから、鬼を追い出すというのはま … 続きを読む →