【公式サイト】指すの神子の社

施術・占いの申し込みは、公式サイト「指すの神子の社
」で受付しております。他サイトよりお得な価格で提供しております。

指すの神子の社

妖怪のお話

エネルギーのお話

怪異をふくらませない

世の中にはたくさんの怪異があります。学校の怪談であるとか、病院の何号室でいつもお爺さんの霊がみえるとか、そういうたぐいのものです。 もともと人の魂というのは十分にあれば、転生します。死ねば、その系譜の神仏やらなにやらがお迎えにきて、またその系譜で、生まれる母体があればそこに案内します。 魂がちょっとたりなくて、輪廻に戻れない場合は、子孫がいればその子孫に先祖供養などしてもらって、回復...
エネルギーのお話

盟約と誓約

「盟約」や「誓約」というのは魂が約束してきたものです。魂の台帳に約束したことと言い換えてもいいでしょう。 盟約相手はまあいってみたら神仏、妖精、妖怪です。 盟約などはどういうものか一つたとえを出しましょう。 あなたは大学に通っています。講義の合間に、とても素敵な、憧れの人が声をかけてきます。 「お昼ご飯、一緒に食べようよ。私、これ食べてみたくて買ってきたから、お昼はテラス...
因果・因縁・カルマ解消

節分のお話し

「節分」は 「人がカルマや人の罪を祓うのに、人に役をつけてそれを追い出すという一連の流れを人に伝えるための行事である。追い出すのは鬼というより人の業や役であるな。人に役をつけるのは妖怪であるから、鬼を追い出すというのはまさにそれである。福は内、というのはあとからつけたものだろう。 節目ごとにおのれの中にある悪鬼、すなわち妖怪を追い出すという儀であるが、追い出すのは家の中にあるものでは...
妖怪のお話

AをとるかBを取るか。そして年の役

よく、「どちらを選べば幸せになりますか」という質問があります。これについては答えは常に同じです。「どちらも重さは変わりません」です。 以前書きましたが、輪廻というのはアクションです。魂があり、その魂のパラメータ、ポテンシャル、重さ、そういったものがこの世に投影されます。重さは同じですから、どこに生まれようと、どういった時代背景があろうと、その魂自体のポテンシャルを変えない限り、苦労の重さは...
妖怪のお話

心に役がつく

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 いま現在は「役」についてたくさん見せていただき、学ばせていただいております。 役を付けるのはほとんどが妖怪です。かみさまも付ける事ができますが、神様がつけるのは「進化をするための役」のみです。それ以外のいわゆる「役どころ」を付けるのは、妖怪、あるいは妖精の類です。 役が心につけばどうなるかといいますと、意識がからめとられ、...
妖怪のお話

確証を求める役がついている方は多い

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 「確証を求める」役が付いている方というのは案外多いものです。何言っているのかぴんと来ないでしょう。最初はわたくしもさっぱりでした。ですが、確かにそれは自分の中にあるわ、駆り立てられるわ…と思いあたることが多かったので、書き留めておきます。参考になさってください。 たとえば、ダイエットにかかわることでも、サプリメントでも、新商品でもいいで...
妖怪のお話

「役」をつける

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 妖怪は「役」をつけます。絡めとり、役をつけます。役を付けるのは妖怪だけではありませんが、一例です。 たとえば、誰かに対して、「なんとなくその人にはなにかしてあげたくなる。困っていればごはんを上げたくなる。手伝ってあげたくなる。他の人が困っていてもなんとも思わないのに、その人が困っていると何かしてあげたくなる」 この場合、相手が自分...
妖怪のお話

妖精さんで何ができるのか

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 自分の中の妄執を妖精にしたら何をすることができるのか、という具体的なものですが たとえばうちの主人であれば、自営すべく、用意をしておりますが、どうしても働きながらだと時間がたりない、やることが多い。やることが多いけれども時間がない、神社詣でなどに時間がとられると「いつ自分は仕事すればいいんだ!」と怒りに変わっておりました。自分であれをし...
妖怪のお話

妖怪と妖精の違い。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 つまるところ、妖精と妖怪というのはどう違うのか、転化するとどうなるのか、についてもう少し説明いたします。 妖怪が憑依すると ・自分自身がなにかにとらわれていて、こうしなきゃ、ああしなきゃ、という役を付けられたり、こだわったりする。自分自身をその役に絡めて尽くしてしまい、消耗してしまう。 これを倒して降して、こちらで名前を付け...
妖怪のお話

妖怪たるもの

いつもごらんいただきましてありがとうございます。 最近は運命や、妖怪、悪魔などの真理のお話しをお許しいただいております。その中でお話しできて、なんとかメニューにできそうなものがありましたのですこしお話ししたいと思います。 そもそも妖怪というものは元は人であったり、なにかしら他のものであったりしたものです。それらが、尽くし、尽くし、もはや人や他の何かの魂を保てないものが妖怪におちます。...
妖怪のお話

自分と、まわりから

いつもご覧いただきましてありがとうございます。 自分が心からやりたいことでなくても、周囲や一般論的に「そうであるべき」という価値観をおしつけられて、役を自分自身につけることがあります。 たとえば、子供のときに、本来自分自身が妹弟を望んでいなかった。だけれども、「姉だから、兄だから下をかわいがらなければならない」と教え込まれ、かわいがる役を己に課していたらどうでしょう。 それは自...
呪詛・呪いお話

あぶりだされるもの

いつもご覧いただきありがとうございます。 たまに神様は様々なことを学ばせようとトラブル(因縁)をだしてきます。いまでてきているものとして「不浄なるものは、傷つけようとする」というテーマです。神様の言葉というのは、たまにとても難解です。たくさんのことをみせてきて、出してきて、こちらが困ったり、なぜなんだろうと悩ませたりします。 先日から妖怪だの呪詛だのさまざまなものとの取り組みがあり、...
因果・因縁・カルマ解消

さからうもの。

いつもごらんいただきましてありがとうございます。 魂が、これがやりたい、こうなりたい、と思うところ、まっすぐにいけないときにはかならずそこに因縁があります。 因縁というのは魂を重くします。魂がするっとのぞむところにいきたいのに、いけないように、たちふさがります。それが自分がやらかしたこと、家族からつけられたもの。それらが自分の魂を重くします。それを切っていかなければ、魂が望むところに...
タイトルとURLをコピーしました